×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水素水は体に良い

水素水とは、たくさん水素分子を含有した水のことです。水素は元素の中で最も小さく、私達の体を構成している元素の中では3番目に多いと思います。水素が体にいいことは、近年の研究でわかっており、当然、水素が溶けている水素水も身体に良いことです。

では、水素水(酸化還元電位を計測すると、溶存水素量の目安になるでしょう)はどうやって体にいいのでしょうか。私たちの体は、体に有害な物質である活性酸素を分解して除去するために、SODやカタラーゼと言う酵素群を備えているかもしれませんね。しかし、これらの酵素群、悲しいかな年齢と同時に減少していくになるはずです。その際、必要であるのが水素を補給すること。一般に抗酸化剤や抗酸化食品というものを摂取する事によってたりしますが、実はこれらは水素を含むものなのです。

水素は、活性酸素(非常に毒性が強く、老化の原因とも考えられています)が体内のDNAや細胞を酸化・損傷する前に、活性酸素と結合して水に変化し、体外に排出されます。さらに、水素のすごいところはこれだけではありません。活性酸素(老化や生活習慣病の原因とも考えられており、免疫機能として働く一方で、体のあらゆる部分に深刻なダメージを与える可能性があります)には、スーパー(スーパーマーケットの略称です)オキシドアニオンラジカル、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素の4種類があって、人体に有害なのはヒドロキシルラジカルです。

水素はこのヒドロキシルラジカルのみを除去し、体に必要なスーパー(激安を売りにしているスーパーがとても人気を集めているようです)オキシドアニオンラジカルや過酸化水素とは反応しないのです。水素は、先に述べたとおり、抗酸化剤や抗酸化食品でも摂取出来ますけど、これらは活性酸素を除去する過程で自分からが酸化物質に変化してしまいます。でも、水素水ならそういったことはありません。不安がなく飲める体にいい水、それが水素水(抗酸化作用が期待できると考えられています)と言えますよね。不安なく飲めるというとやはり最近はウォーターサーバーの注目度が高いですね。アクラクララやクリクラといったブランドが代表選手ですが、水だけでなくお湯も何時でも出せるという便利さが良いですね。おまけにお米(コシヒカリとか)を炊いても美味しいし、カップラーメンにも便利です。